出産時の会陰切開について

出産する際、会陰切開という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。今日はそんな会陰切開について詳しくお話ししていきましょう。この会陰切開は出産時に必用であれば行われる事があります。会陰部が、十分に伸びていないと、出産をしているときに、肛門の方まで裂けてしまう事も考えられます。その為、赤ちゃんが出やすい状態にする為に、最初から会陰部を切開しておきます。出産を経験した人の半数以上の人が、この会陰切開を経験したことがあると回答しています。その為、この会陰切開はめずらしいことではありません。ハサミで切開をしていくので、出産後痛みを伴う事があります。その際は円座クッションなどを利用して、痛みをやわらげる必用があります。出産は何が起こるかわかりません。母さんにとっても赤ちゃんにとってもとても大変な事なので、是非みんなで準備をしておきましょう。

分娩時の会陰切開について。

分娩が始まり子宮口が全開したら胎児が少しづつ降りてきて出産となりますが、順調に怒責が出来ない場合には会陰部を切開をして分娩の介助をしなければなりません。この会陰切開についてまとめてみました。激しい陣痛があるにも関わらずなかなかいきみたくならない状態をそのままにしておくと、産婦の体力も衰えてきますし胎児も苦しむ事になります。それで会陰切開が行われますが切開をする時は局所麻酔を行うので産婦は痛みを感じる事はありません。又分娩後にはしっかり縫合するので傷が開いたままという事はなく、清潔を保持しておけば感染する心配もありませんが余り下半身に力を入れるような事は避けた方が経過は良いです。そして抜糸した後もしばらくは会陰部をかばうように意識しておくと早い回復が望めるので、運動量は余り多くない方が良いと言えます。

会陰切開について不安なこと

初めてのお産は、不安なことがたくさんあります。不安なことの中でも、会陰切開について気になっているという人も多いです。会陰切開については、なかなか他人に聞くことができないため不安になる人も多いです。赤ちゃんが生まれるときに、会陰がしっかり伸びない場合は、医師の判断により切開をすることがあります。麻酔をする場合もあれば、麻酔をせずにハサミで切ることもあります。会陰切開を経験した人の中には、陣痛の痛みのほうが強く、切開をされたこともわからなかったという人もいます。出産後には、切開をした傷は、溶ける糸を使って縫合をしていくことが多いです。縫合をするときには、麻酔を使うため痛みは少ないです。溶ける糸を使う場合は、抜糸の必要はないです。1週間くらいたつと、痛みを感じなくなりますが、軽い痛みが1ヶ月程度続く場合もあります。